【大田区】給水ポンプと排水ポンプの交換工事

大田区にて給水ポンプ二台と排水ポンプの交換工事を行いました。

排水用のポンプが故障し地下室に水が溜まってしまい、漏電から給水ポンプも故障に至ったようです。
新しい揚水ポンプは、エバラ製の40MS452.2Bになります。

水没した地下室
水没した地下室です。
地下室が水没してしまった場合、漏電から感電する危険もあるため下手に触らないようにしてください。
まずは簡易水中ポンプで水を抜いて行きます。
 
 
 
水没した制御盤等
排水途中です。
本来は右奥に見える小さい窯場の部分にしか水はたまらないのでとても多い量が溜まってしまっていることがわかりますね。
溜まったまま放置すると悪臭や害虫が湧く原因となるため、定期的な点検メンテナンスで早期発見することが重要です。
排水中
ホースを外の排水マスまで伸ばして地道に排水していきます。
水の量が相当あるため完全に排水しきるまで数時間かかります。
排水完了した地下室
排水がようやく完了しました。
これでやっと地下室に入って故障した排水ポンプの交換を行えます。
 
故障した揚水ポンプ
地下室の排水が終わるまでの間、地上にある給水ポンプの交換を行います。
旧ポンプ取り外し
故障した給水ポンプを取り外しました。
 
新ポンプのポンプ部分
新しいポンプのポンプ部分になります。
 
新ポンプのモータ部分
そしてこちらがモータ部分です。
これから設置していきます。
取り外した旧ポンプ
故障したポンプを運び出しました。錆や劣化が酷く見えます。
新しいポンプを設置
新しいポンプ土台に固定、配管を繋ぎ、試運転を行い問題が無ければ作業完了となります。

これにて作業完了となります。
交換したポンプも問題なく動作し、排水給水共に復旧することができました。